もしかしたらそれHIVかも!HIV検査でチェック

HIVで多い症状は、リンパが腫れる・発疹が出る・吐き気や頭痛がする、と他にも様々あります。重い風邪かな?と見過ごす方が多い症状です。実は風邪ではなくHIVかもしれません!念のためHIV検査をお勧めします。

ペニスの炎症が直らない時はクリニックでHIV検査を

ペニスの炎症反応がなかなか治らない、体調を崩す事が多くなったという方はいらっしゃいませんか。
特に性交渉をおこなった後にそのような異変を感じるようになった場合は性病に感染している可能性が高いです。
性病の中には治療が遅れると重症に陥ってしまう病気も存在していますので性交渉をおこなった後に体調を崩したり、ペニスが腫れてしまったなどの症状が出た場合はすぐに病院などで性病の検査を受ける事をおすすめします。
性病の中でも時に注意しなければならない病気はHIVと梅毒で、特にHIVは初期症状がほとんどない性病ですので些細な症状も見逃せません。
性病の検査は男性であれば泌尿器科、女性であれば産婦人科のクリニックで検査する事ができます。
HIVなどの性病の中でも特別問題視されている病気は保健所などでも検査が可能になっています。
またHIV検査は普通の性病の検査とは違い無料で検査が受けられるケースが多く、名前を知られたくないという方は匿名で検査を受ける事ができるようになっています。
施設によっては事前に予約が必要になっている場合もありますので、気になるという方はお近くのHIV検査をおこなっている保健所やクリニックなどに問い合わせてみてはいかがでしょうか。
HIV検査には色々な検査方法が存在しており即日検査結果がわかる検査方法もあります。
すぐに結果がわからないと不安だという方や、症状が深刻化しているのですぐに感染しているのかを知りたいという方は即日検査結果がわかる検査方法で検査されるといいでしょう。
また即日検査結果がわかる方法は通常の検査よりも費用が高くなってしまう場合が多いので注意してください。
保健所や専門のクリニックの中には深夜でも検査が受けられる施設がありますので、仕事などで忙しいという方でも安心して検査を受ける事が可能です。