もしかしたらそれHIVかも!HIV検査でチェック

HIVで多い症状は、リンパが腫れる・発疹が出る・吐き気や頭痛がする、と他にも様々あります。重い風邪かな?と見過ごす方が多い症状です。実は風邪ではなくHIVかもしれません!念のためHIV検査をお勧めします。

ペニスに痛みを感じる悩みの場合はHIV検査を

慢性的なペニスの痛みに悩まれている方はいらっしゃいませんか。
ペニスに痛みを感じるという方の中でも特に性交渉の経験があるという方は性病に感染している可能性がありますので、専門のクリニックなどですぐに検査をしておくのが一番です。
性病の検査は男性の場合、泌尿器科クリニックで検査をおこなう事が可能になっています。
性病の種類によって検査方法が異なっており、中にはすぐに検査結果がわからない検査もあります。
クラミジアや淋病などの性病は特に感染力が強いので、性交渉をおこなった後に体調を崩したりペニスが腫れてしまったという場合にはすぐに感染の疑いがある性病の検査を受けておくようにしましょう。
クラミジアや淋病は性病の中でも症状が軽く治療をされない方も多いですが、クラミジアや淋病に感染していると他の性病に感染してしまうリスクが何倍にも膨れ上がってしまいますので危険です。
HIVなどの感染しにくいとされている性病にも感染するリスクが高まってしまいますので要注意です。
またHIVの初期症状の中にもペニスに異常がみられる症状がありますので、心配されている方は1度HIV検査を受けておいた方がいいでしょう。
HIVの初期症状では発熱やペニスの炎症などの症状が出るケースがあります。
しかしHIVの初期症状は自覚症状がほとんどないという場合も多いので、実際に検査を受けてみなければ感染しているかどうかを知る事は出来ません。
性行為をおこなった後に慢性的にペニスが腫れてしまっている、発熱などの症状が続いているという悩みを持たれている方は必ず専門のクリニックなどで検査を受けるようにしてください。
HIVは潜伏期間に入ってしまうと症状が全く出ませんので、検査を受けるきっかけを失ってしまいます。
HIVの症状が進行してしまうと症状が深刻化してしまう危険性がありますので、早期の段階で感染の有無を確認しておく必要があります。